私が定年後第二の職場として勤務したところが省エネルギーコンサルタント企業だったし、もともとないない尽しの国に生活してエネルギーや環境問題に関心が高かったので、昔から地球温暖化対策としてユーザーに対して徹底的な省エネルギーを第一とし、次いで脱化石燃料策として再生可能エネルギー、中でも太陽光発電設備の使用を勧めてきた。

消費者にとってエネルギー利用上電気が住宅内を汚さないし、ガスや石油と違って火気がないので最も好まれてきた。

二酸化炭素の直接的排出もないことを理由としてマスコミもこぞって電気使用に好意的である。

この波に乗って自宅の屋根にパネルを搭載して太陽光発電設備を導入する家庭が増えてきた。

我が国も温暖化防止策として設備導入に補助金をつけているし、電力会社に家庭の余剰電力を一定期間高い値段で買い取る制度を導入して太陽光発電設備普及の後押しをしているので周囲の戸建て住宅にもパネルを設置した所が目立ってきた。